Jw_cad超初心者道場 ~JWCADの使い方~

[連続線]コマンドで連続弧を作図する

[連続線]コマンドを実行後、[連続弧]の機能を使うと、作図ウィンドウ内に端点端点の位置が連続する円弧を書き込むことができます。


連続弧を書く

連続弧を書く1

[連続線]コマンドを実行後、コントロールバーに表示されている[連続弧]チェックボックスを左クリックしてチェックを入れます。

連続弧を書く2

1つめの円弧を書き込む始点位置を左クリック(読取位置の場合は右クリック)し、続けて中間点を左クリック(読取位置の場合は右クリック)すると円弧の仮線が点線で表示されます。

連続弧を書く3

1つめの円弧の終点位置を左クリック(読取位置の場合は右クリック)すると仮線が実線で表示されます。 1つめの円弧の終点位置を決めると、2つめの円弧が作図できる状態となります。

連続弧を書く4

2つめの円弧の終点位置を左クリック(読取位置の場合は右クリック)すると仮線が実線で表示され、それと同時に1つめの円弧は書き込み線種で作図されます。

連続弧を書く5

最後にコントロールバーに表示されている[終了]ボタンを左クリック、又はEnterキーを押すと、仮線で表示されている2つめの円弧も書き込み線種で作図され連続弧の作図が完了します。


[連続線]コマンドの関連項目


ページトップに戻る

Copyright © 2006-2022

Jw_cad超初心者道場 All Rights Reserved.